笑顔の男女

適切な治療

肩こり

口を空けるときに、痛みを感じる病気として、顎関節症があります。こういった顎関節症は、専門医である口腔外科で治療をすることが出来ます。專門的な知識や技術を持っているので適切な治療をすることができます。

最先端の治療

体温計

がんを治療する方法として、抗癌剤や放射線治療がありますが。最近では、最先端技術が発達し、NK細胞治療があります。 この治療をすることでがんを効果的に治療することができます。

重要な役割り

花粉症

クリニックや病院には、いろいろな役割があります。最近では、多くの患者が増えており、循環器系の疾患者が多くいます。 そのため、適切な検査や治療を受けることが出来る循環器科のクリニックが増えています

取り戻す手術

日本人サラリーマン

乳がんになると乳房がなくなることを気にする人が多くいますが、最近では、乳房再建手術をうけることができます。 再建手術をする時には、担当の医師に相談して行うようにしましょう。

親知らずを抜く

体調不良の女性

口腔外科を利用する時には、親知らずを抜くことで利用する人が多くいます。親知らずを抜くときには、適切な治療方法でぬくことで痛みを感じずに済むこともあります。いろいろな病院を見て適切な治療を受ける様にしましょう。

関節のズレが原因

パソコンと聴診器

がんは治すことができます。食道がんを完治するためには、早期発見が大切です。副作用がほとんど無い治療もあり、負担も少ないです。

顎関節症の3大症状と呼ばれるものがあります。口が大きく開かない、顎が鳴る、顎が痛むといった症状です。しかしこれらの症状は一時的に起こったけれど、いつの間にか自然に治ったという人も多いでしょう。実は日本人の2人に1人が顎の異常を経験したことがあると言われています。 顎関節症の原因は、よく言われている噛み合わせの他にもいろいろあります。ストレスやブラキシズが原因で起こることがあります。ブラキシズムとは、歯を食いしばったり、歯ぎしりをしたり、歯をかちかちと鳴らす行為のことです。 20代、30代の女性に多く発症しますが、最近では子供の発症も増えているようです。 顎関節症の症状があって専門医を受診される患者の大半に、関節円板のずれがあります。クッションのような役割をする関節円板がずれたままになることで痛みを引き起こすようです。

顎関節症の治療は口腔外科で行います。日本顎関節学会認定の専門医もいます。こちらはホームページなどで確認できます。 顎関節症と似た症状の病気もいくつかあります。専門医のもとでMRI検査などを受け適切な治療をしてもらいましょう。 治療は通常は保存治療と呼ばれる方法で行います。鎮痛剤を服用し、関節の炎症を鎮めながらスプリントと呼ばれるプラスチックの板を歯列にかぶせます。スプリントによって噛みしめる際の顎関節の負担を軽減し、痛みをおこさないようにします。しかしそれでも痛みが続くようなら、関節に局所麻酔をして徒手で関節円板のずれを治します。 専門医では、このほかにも筋肉マッサージや温湿布で血行をよくするなどの理学療法を行うこともあります。自宅でも筋肉マッサージを継続するといいでしょう。顎に負担をかけないよう硬い食品を避けたり、歯を食いしばるなどの癖は改善していきましょう。